2012年06月11日

元気になりました犬(笑)

ご心配をおかけいたしましたが、元気になりました犬(笑)
血便と嘔吐を繰り返していた時は、どうなることかと不安でいっぱいでしたが、
動物病院の先生が、膵炎かもしれない。と、早い段階で膵炎の治療をしてくださったので、
5日くらいしたら、もう嘔吐することもなくなり、金曜日には、ご飯もまだいつもの量よりも少ないですが、固形になりました。
便も最初は、軟便だったのですが、今は、ちゃんとした便になりました。
「膵炎」と診断されたのが火曜日だったのは、土・日は検査機関がお休みで検査してもらえなかったからです。
月曜日に検査機関に出してもらい、火曜日の午後に電話で数値を教えてもらい、「膵炎です」と言われました。
先生が早くから膵炎の治療をしてくださったので、炎症を示す値は標準値内に収まっていました。
先生には、本当に感謝です。
膵炎の治療は時間がかかる、とミッドタウンの先生に言われたので、どうしようかと思っていたのですが、ホッとしました。
体重は、3キロから2.8キロに減ってしまいましたが、これから徐々にフードの量もいつもの量に戻していくので大丈夫でしょう。
もう、本当に元気いっぱいで、一昨日・昨日とパパと一緒に遊んでいました♪
まだ心配なのでお外には出していませんが・・・。
今週末は、パパのお父さんが入院するので、パパの実家に帰省します。
一緒に連れて行けるか心配だったのですが、先生にOKをもらったので安心しました。
皆様には、ご心配をおかけいたしました。
アスランは、とっても元気に回復したのでご安心ください。

ニックネーム ティモシー at 10:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

膵炎に・・・

アスランの病名が判明したのでご報告いたします。
まず始めは、1日の金曜日の朝、起きてリビングに行くと軟便と、嘔吐物が2ヵ所に。
アスランもぐったりしてて、ご飯も食べようとしないので病院に。
その時は、ビタミン剤と、吐き気止めを注射してもらって帰宅。
夕食も食べようとせず、元気がないので夜はリビングのソファでアスランの様子を見ながら横になっていました。
夜の11時から朝7時まで、1時間おきに血便と嘔吐を繰り返しもうやだ〜(悲しい顔)
早く動物病院の先生に診てもらいたい!の一心で片づけていました。
そして、土曜日の朝一で動物病院に連れていき、膵炎かもしれません。と。。
命に関わる病気です。と言われビックリもうやだ〜(悲しい顔)
その日から、朝から夕方まで、動物病院で点滴と抗生剤を打ってもらい、
昨日の夕方、やっと静脈点滴が外されました。
そして今朝は、皮下点滴と抗生剤を注射してもらい、一緒に帰ってきました。
ご飯は、5、6粒をふやかして与え、お水も小さいお皿にちょこっとずつ与えていて、
今のところ、嘔吐はしてないので大丈夫そうです。
これから、当分の間、通院しなければいけないので大変ですが、先生のことを信じて治療していきたいと思います。

不思議なもので、木曜日の夜、いつも寝室のベッドで一緒に寝るのですが、
この日、なぜかトイレに行く。と寝室を出ていき、戻ってこなかったんです。
で、アスラン、戻ってこないね。と言いながら、パパと2人で寝たんですが・・・。
朝、起きたらビックリしました。
アスランは、今までもベッドの上で粗相をすることはなく、夜、トイレに行きたくなると、ベッドから降りてリビングのトイレシートできちんとして戻ってくる子なんです。
だから、この日、寝室に戻ってこなかったんですね。。
なんてお利口さんなんだろう。と思いました。
そして、辛かっただろうなぁ。。と。

膵炎という病気は死に至ることもある。と動物病院の先生に言われ、心配で心配でたまりませんでしたが、
血液検査の結果、CRPという値は標準値なので、炎症は治まっているようなので、少し安心しました。
これからは、今まで以上に、アスランの食べ物には注意しなければ。と思いました。
実は、ヨーグルトとか、りんごジュースとか結構、あげてたんですよね。。
オヤツも、ちょっと与え過ぎてたかも。。
反省です。
これからは、人が食べるものは与えないようにし、オヤツの与え過ぎにも注意を払います。
そして、ドッグフードは、療法食に。
まだ、完治するには時間がかかるかもしれませんが、早くアスランに元気になってもらいたいです。
ニックネーム ティモシー at 18:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする